私がアフィリエイターになるまで

彼は夢を叶えられるか。本気でアフィリエイターを目指す青年のリアル!

ぼーっとしていることが多かった

ハローワークに行って失業手当を貰いました。

カフェに行ってコーヒーを飲みました。

車屋さんに行って車を返してもらいました。

 

そしたら、1日が終わりました。

 

こんにちは、はくです。

 

今朝の目標

  1. 本を1冊読む(10冊目!)

結果、50%しか達成できず。

 

 

仕事が辛いけど続けられる理由

確かに、情報収集って決して楽しくはない

「そのやり方はだめだ。こうしなさい。」みたいなのが続くから、耳にタコができて、頭も痛くなってくるような感覚(わかりにくい例え) (^_^;)

 

でもこれは仕事です。

これはビジネスです。

 

ーーーーーーーーーー

神様「はく、お前が社会人だった頃を想像しろ」

はく「はい」

神様「仕事飽きたからって、14時に家帰るか?」

はく「帰れません、ぐっと気持ちを抑えて仕事してました」

神様「やりたくもない仕事を、(もう無理!!)って思った14時から、定時から2時間経った20時頃まで続けた訳だ。」

神様「どうしてそんなに続けられたんだ?」

はく「・・・。あ・・・!」

 ーーーーーーーーーー

 

私は上司に褒めてほしくて「がんばれた」気がします。

昔から両親が褒めてくれるから、うれしくて勉強してた自覚もあります

私は褒められるのが大好きなのか。

 

じゃあ、

この環境で「褒められる」ってどんなこと?

 

自分が作ったサイトのPVが集まったら、褒められてる気分!とてもうれしい!

 

ーーーーーーーーーー

神様「なら、そのPVをもらう(褒めてもらう)ために、いっちょ頑張ってみんか?

はく「はい・・・。神様、ありがとうございました。」

ーーーーーーーーーー

はくのモチベが上昇した。

 

もうすぐ10月がはじまるよ 

10月からは、メインサイト育てながら、ペラサイト作って小さい成果でもいいから出すって決めてる。

ソーシャルメディアの運用も始める。

 

9月は悔いと残作業のないようにして、10月に入ろう。

 

自分に一言

「もう疲れたから休憩」って思ってから、その倍やれ。

黙ってやれ。