私がアフィリエイターになるまで

彼は夢を叶えられるか。本気でアフィリエイターを目指す青年のリアル!

【初心者向け】JAO主催のアフィリエイトイベントに参加した感想

~目次~

 

こんにちは、はくです。

 

神戸三ノ宮に行ってきました!

今日はこれ一本に絞って書いていきます。

たまには需要のありそうな記事を書かなければ、という使命感あり 

 

アフィリエイトセミナーに参加するのは何回目ですか?

一回目です。

 

アフィリエイトセミナーに参加した理由は?

自分がパートナーシップを結ぶ人たちが、どんな方なのか知りたかったからです。

何を得られるのか正直よくわからなかったです。

業界の方と直接お話すれば「なにかが見える」直感があったので参加しました。

 

とにかく直接お話してみたかった。

もちろん、純粋にアフィリエイトの勉強も目的の一つです。

 

心がけたことは?

なりふり構わず話しかけようとしたことです。

とにかく勇気を出しました。

 

 

怖かったし、拒絶されたらどうしようと思ったし、逃げ腰なら得られるものも得られないと焦りました。

正直めちゃめちゃ勇気振り絞りました。

だから商品展示場を「商品なんて、うわの空」状態でグルグル回りながら、勇気を出せと頭をフル回転させました。

はたから見ると、完全に挙動不審だったと思います (^o^;)

そして何人かの方に自分から話しかけました。

注意:広告主やアフィリエイターの方は、それぞれ目的があってセミナーにきています。ぼーっと立ってる(座ってる)だけでは相手から話しかけてくれることはないと心得てください。

 

お世辞にもうまいとは言えないコミュニケーションで、やってみた結果・・・

  • 3人の広告主とお話し、2人から名刺を頂きました
  • 2人のアフィリエイターとお話し、1人から名刺を頂きました
  • 主催者とプレゼンテータに質問できました

小さな小さな成果ですが、トライして良かったと心から思ってます!

 

【補足1】周りに人にスッと話しかけられなかった原因と対策

もしかしたら読者のあなたも、私と同じ気持ちを抱くかもしれないと思ったので補足します。

 

(原因)

どんな話をすればいいかわからなかった

 

自分は新参者であり、本10冊読んでブログちょろっと作ったくらいの経験しかありません。

 

それ故に・・・

話しかけられる】こと=【私初心者なんです、頑張るので1から教えてください】って言われること

みたいな、相手にとって迷惑な構図しか見えてなかったんです。

※【】内の言葉は、自分はそうは思っていないけど、相手はこう思うんじゃなかろうか、という想像です。

 

「これじゃどうしても話かけられない!」と思ったので、主催者側の方に思い切ってストレートに質問しました。

 

はく「私は相手に価値を与えられません。そんな状態でベテランの方に話しかけるのは、どうしても気がひけるのです。どういう風に話しかければよいでしょうか。」

 

その方は丸投げの稚拙な質問に対して、真摯に対応してくれました。

 

(対策)

話しかけたい相手の情報を予め調べておき、自分のことではなく、まず相手のことから話し始める

 

例として教えてくださったのは下のような手順

  1. 「事前に配布されている【参加者&サイト一覧表】から、私が話しかけたい人のサイトをよく見て準備しておく。(例えば、すごいと思った点を挙げるなど)」
  2. 「1」で準備したネタをもとに、自分のサイトを●●するにはどうすればいいか、を切り口に会話を始める。  

※これは主催者の方の発言ではなく、こういった旨のやり方を教えてくださったという理解してください。私が誤認してしまっている可能性もゼロではないため、正しく伝達できていないかもしれません。

 

【補足2】お友達ではなくビジネス

「場」の空気にもよるところがありますが、原則ビジネスマナーは必須だと感じました。

特に、初めて会った方々とコミュニケーションを取るときには、スーツを着ている気持ちでいたほうがいいです。

 

振り返ってみて

  • 目標にしていたことはできたので、極めて充実した
  • 人は自分が思っているほど、悪い対応はしない

 

しかし今の状態は、本を読み終わった後と似ています。

これで満足しては意味がないです。

 

「インプット」や「やる気」は、「行動」とか「結果」にしてこそ意味があると思ってます。

 

PS.

やる気がでない or 作業しすぎて疲れた 時に、オンモードにするための素晴らしい方法を思いつきました。

それは・・・

頂いた名刺を見ながら散歩することです。笑